テレビを見ることやゲームをすること、レンタルしてきた映画をブルーレイ再生プレイヤーで視聴することなどテレビ前で過ごすことが休日や平日の夜の楽しみになっています。

けれどテレビ前はテーブルや暖房器具、その他の家電などごちゃごちゃとしていて、整理が苦手なのでいつもテレビのリモコンどこだったっけと探すことからいつも始まっています。

そんな悩みを解決したいなと家電販売店で見つけたのがソニー学習機能付きリモコン『RM-PLZ530D』です。

物が部屋に多いという人にこそたった一つあれば便利なリモコンです。

ソニー学習機能付きリモコンとは

ソニー学習機能付きリモコンは、テレビ、レコーダーだけでなく多くの家電の操作ができることがポイントです。

最近ではテレビとレコーダーは同一のブランドのものだとリンク機能などでテレビ側、あるいはレコーダー側のリモコンでどちらも操作できるのが当たり前ですが、ソニー学習機能付きリモコンが操作できる家電は実に多彩です。

テレビ、DVDプレイヤー、ブルーレイディスクレコーダーといった基本機器はもちろん、CCS放送や地デジ化のために設置したチューナーやアンプとぃったテレビまわりにある製品の操作までできてしまうのです。

また発売元であるソニーだけでなく国内の主要メーカのほとんどテレビ、レコーダーにの対応しているのがソニー学習機能付きリモコンのマルチな性能の一つです。

複数のリモコンを一つのリモコンで管理できる便利さが好き

テレビまわりの家電だけでリモコンが机に並びっぱなし、いちいち複数のリモコンに乾電池が足りなくなったときに不便だという人も一つのリモコンなら管理しやすいしなくしにくいでしょう。

ソニー学習機能付きリモコンはエアコンや照明のリモコン、パソコン、ハンディカムのリモコン代わりにもなるので、家に常日頃電池の換えを用意していない人はソニー学習機能付きリモコンを使えば節約にもなります。

もちろん便利さは折り紙付きです。

ソニー学習機能付きリモコンでは対応していない機器がないというほどユーティリティなのは、ほかのリモコンからの信号を本体に記憶しておけるからでしょう。まさに学習しています。

使い方はソニー学習機能付きリモコンとほかのリモコンの信号部分をくっつけて、スイッチを押しながら受信することで記憶できます。

これなら例えば今ではリモコンが再販していない古い電化製品も安心して操作できるのではないでしょうか。

つまり古い家電だと本体が壊れる前にリモコンが使えない状態になり本体ごと買い換えというケースもまれにあります。

そんなときにソニー学習機能付きリモコンを使って事前に操作の信号を記憶させておけば本体に異常がないのであれば、便利なまま使い続けることができるでしょう。

多機能すぎるのがメリットであり、デメリット

ソニー学習機能付きリモコンにデメリットはあるのかというと、それはこういった機器の操作自体が苦手な人にとって多機能すぎるというところでしょう。

家電のリモコンが少ない人、リモコンの操作のために手順を覚えたりするのが面倒だという人にとっては宝の持ち腐れになりかねません。

つまりソニー学習機能付きリモコンは、それだけ使う人は家電好きに限定されるということです。

また本当にソニー学習機能付きリモコンだけを残して、ほかのリモコンを処分してしまうという人にとっても、このリモコンが故障したときに予備がなくなるので困ることもあるかもしれません。

一つにしておける便利さ故の問題をクリアできるかは使う人によって違ってくるでしょう。

デザインもかっこよくて好き

デザインが優れているのもソニー学習機能付きリモコンの魅力的なところです。

普通リモコンというと四角くて無機質なものというイメージがありますが、ソニー学習機能付きリモコンはまるで一つのオブジェのようななめらかな曲線的な形が特徴的です。

操作の文字が見やすいよう前面は黒と光沢感ありますが、裏面のカラーバリエーションは三種類です。

ブルー、レッド、シルバーと艶やかな素材でコーディネートされているので、リモコンで気になる汚れも目立ちにくいです。

また緩やかな曲面であること、また前面は薄い椅子の脚のように突起した部分があることから前面部分を下にして置いておけることができます。

これはどういうメリットがあるかいうと、リモコンといえばボタンの隙間にほこりがたまりやすいですから、そういったほこり防止の意味合いがあります。

気になる人にとっては地味にあのほこりは嫌ですし、食卓などで管理することも多く、手で扱うからこそきれいで清潔なリモコンなら安心感が違います。何ヶ月かに一度綿棒などで掃除の手間もありません。

またリビングが広い、あるいはリモコンほ固定した場所で使うという人にソニー学習機能付きリモコンは反応範囲が広いので、信号が機器に届きにくく操作できないという問題は解決できるでしょう。

ソニー学習機能付きリモコンは信号部分が三つもついています。

そのためあらゆる角度から信号を送ることができるので、信号が届かず操作できない悩みはなくなるでしょう。わざわざ機器に近づいて操作しなくてもいいのです。

家電によって反応があまりよくないリモコンもあります。

だからそういう場合もソニー学習機能付きリモコンにすれば解決ですし、ボタンをいちいち何回も押さなくていいのでストレスも減少するでしょう。

まとめ

ソニー学習機能付きリモコンRM-PLZ530Dは一つのリモコンで多くの家電を操作できる性能があり、なくしがちなリモコン管理方法にも最適です。

また操作場所を選ばない広い信号角度や、学習して様々な機器のリモコン信号を本体に記憶させることができるなどリモコンの優等生です。

付属リモコンが故障した際にもソニー学習機能付きリモコンは活躍してくれます。

清潔でおしゃれなデザインもいいので一つあればテレビ周りはすっきりするでしょう。