私は普段からそれほどスナック菓子を食べるほうではないのですが、この「えんどう豆スナック」だけは好きでコンスタントに食べています。

出会ったのは、スーパーの一角にある均一菓子売り場のコーナーでした。えんどう豆のスナックはそれなりに商品が発売されていると思いますが、私の一押しは菊屋のえんどう豆スナックです。

数あるえんどう豆のスナックの中でどうして私が菊屋の「えんどう豆スナック」をプッシュするのか、このスナック菓子の良いところを紹介していきます。

えんどう豆スナックとは?

この商品は、高知の菓子メーカーである菊屋株式会社が発売しています。えんどう豆をふんだんに盛り込んだこの商品ですが、とても安い価格で手に入れることができます。

スーパーの均一菓子コーナーに置かれていれば約100円前後で入手可能です。ですので、ちょっと思いついたときに、躊躇なく買うことができます。ス

ナック菓子はよっぽどの高級商品でない限り価格はそれほど高くないものですが、この商品もその例に漏れていないです。

また、内容量としてもちょうどよく、たとえ1袋食べたとしてもそれほど胃にもたれないです。体質的に合う合わないはもちろんあるでしょうが、さっぱりしていて食べやすいのがこの商品の良いところです。ですので、老若男女を問わず好かれやすい商品です。

一番気に入っているのは、食べたときの食感の柔らかさ

私が一番気に入っているのは、食べたときの食感の柔らかさです。スナック菓子は歯ごたえがあったほうが食べている気になるのかもしれませんが、フワッとして柔らかいのも食べやすいのでおすすめです。特にこの商品は本当にふんわりしていて、その食感を楽しむだけでも買う価値があります。最初に食べたときは、食感の心地良さにとても驚きました。スナック菓子なのにまるでスイーツのように柔らかいのですから、驚くのは当たり前です。この衝撃的な第一印象があったため、すぐに好きになりました。

また、加齢して歯が痛くなってきたりすると、固い食べ物はなるべく避けるようになります。この商品はすごく柔らかいので、歯の状態を気にすることなくどんどん食べられますから安心です。食欲に任せて1つだけではなく2つ3つ同時に食べてしまうこともありますが、それでも何ら問題はありません。柔らかいですから1回2回噛めばそれでだいぶ小さくなりますし、口の中で溶けていく感触を堪能できるのが魅力です。

しょっぱいのが苦手な人だと食べにくいかも

個人的にさしたる欠点は見当たらないのですが、それでも塩気がそれなりにあるのでしょっぱいのが苦手な人だと食べにくいかもしれません。私はしょっぱい食べ物が好きなのであまり意識はしませんが、中にはそうでない人もいるはずです。そんな人がこの商品を食べても、味より食感よりまずしょっぱさを感じてしまって「イマイチだなあ」と思ってしまう可能性があります。

味のバランスはしっかり整えられていますからよほど偏食でない限り普通に食べられるとは思うのですが、それでも苦手に感じてしまう人もいておかしくないです。塩気の強さはスナック菓子特有の味付けですが、だからといって万人に合うわけではありません。ですので、その点がしいてあげるならデメリットです。

良い酒のつまみになる

1袋のカロリーが400キロカロリー台ですので、スナック菓子としてのカロリーは決して低くないです。そのため、カロリーを気にしてダイエット中の人にはあまりおすすめできませんが、そうでない人にとってはこの商品が良い酒のおつまみになります。

お酒にスナック菓子は定番の組み合わせかもしれませんが、この商品は合います。おいしいですがだからといって味の主張がそれほど強いわけではありませんので、酒を邪魔しないです。そして、食感が楽しめますから酒を飲んでいる間に食べるのは適しており、酒が進むことは間違いないと思います。

また、小分けして食べるなら、子どものおやつとして食べるのも良いです。えんどう豆のスナックですから子どもにはまだちょっと早いどちらかといえば大人の味付けなのかもしれませんが、渋い味が好きな子どももいるでしょうから、そんな子どものおやつとして出しても十分喜んでもらえるはずです。

あとは、私のように普段それほどスナック菓子を食べない人が、ちょっと気分転換したいときに食べると食生活にアクセントをつけられます。あくまでスナック菓子ですので、毎日食べたりするのは良くないかもしれません。1日に摂取するカロリーがオーバーしてしまいかねませんので、その点は気をつけないといけないです。ですが、そこさえ注意していれば、楽しみながら継続に食べられます。たまにしか食べないからこそその価値は増しますし、お金をかけなくてもできるプチ贅沢になります。

スナック菓子は食べ過ぎると良くないかもしれませんが、それさえわきまえていれば大丈夫です。ですので、いろいろな食べ方ができますし、このえんどう豆スナックはそう思わせられるぐらいおいしいです。

まとめ

えんどう豆スナックは、魅力的な食感とあっさりした味が特徴のハイレベルなスナック菓子です。カロリーはそれなりに高いかもしれませんが、たまに食べるぐらいなら良いはずです。

どうやって食べるかは考え方次第でいろいろと工夫できますし、食べやすいですからとても万能です。また、価格が安いですからお金のことは気にせず買いたいときにすぐ買えますし、食べるのにいろいろと都合が良いです。

ですので、何かおいしいスナック菓子がないか探している人に、特にプッシュしたい商品です。