私は手芸が大好きです。種類は色々で、とはいえ特に習った経験もなく、上手ではありません。

しかし、バックや小物、孫の服などを縫う際、生地の耳が気になるようになりました。

意外とかわいい模様がプリントされていたり、会社名が印字されているなど、見ていると楽しくなります。

耳はもちろんのこと、バックや洋服を作る時どうしてもきれいに仕上げるために端の始末をすることになります。
そんな余分なところを使って裂き織をしています。

趣向を凝らせば、自在に変化させられる

裂き織は通常、縦糸を張ったておりの機械や自分で作った段ボール織機などを使って、横糸として裂いた布等で織り上げていきます。

横糸として裂いた布を絡まらないようにシャトルと呼ばれる物にまきつけて作業をします。
ソウコウというものを糸と平行の状態にし、横糸を一本おきにいれ込んで連続しながら模様を作っていきます。

縦糸は切れずらい物が好ましいのですが、横糸に使うものはそれほど神経質にならなくても多種多様な物で応用できます。

織る時は一枚の布状になっていきますが、機械から外すと色々な物に変化させることができます。
バックであったり、スカーフであったり、小物入れやマット、趣向を凝らせば額の中身やクッション等にも自在に変化させられます。

あまり素材を選ばないし、エコ

裂き織はあまり素材を選ばないということと、本来捨てるようなものでもエコになり、捨てることなく役に立てることができるということだと思います。

布が好ましいのはもちろんですが、布の中でもコットンやニット、着物等でも有効です。
Tシャツやシーツで玄関マットを作ったり、タオル等でティセット、浴衣で巾着や座布団、ウールでストールなどなど。

変わった素材ではビニールひもやよく乾かしたトウモロコシの皮、新聞紙なども使えます。細く裂けば革も使えます。
リボンやらラフィラなんかも使うことができ、それほどこだわらなければ材料はここそこにあります。

材料が少ない時は小さな小物やコースターなどを作って楽しむことができます。
色も特に気にしなければそのままの色合いを楽しみ、織上げることを楽しむといいと思います。

縦糸の本数を多くすることでがっちりした風合いのものを作ったり、細い素材のハンカチや絹の物を使うと華奢な感じの作品に仕上げることができます。

裂く手間と切ることによる布ぼこりが出ることが欠点

裂き織をするには生地や素材をそれなりの状態に裂かなければなりません。その際の裂く手間と切ることによる布ぼこりが出ることが欠点だと思います。

部屋の中が汚れるため掃除機をかけることを欠かせません。
コットンは手でも裂きやすいのですが、ウールやフリースなどは切りづらくカッターやハサミなしでは大変です。

物によっては広い場所も要します。まず、キルトや編み物と違って編む道具の編み機が必要です。それに伴って部品も必要です。

エコになるとはいえ、場所も使うし、簡単な道具だけではないということもあるのでなかなかポピュラーにならないのはそのせいかなと思います。

それと何より布ぼこりが立つため呼吸器官が弱い人にはあまり勧めることができません。

編みあがる模様を見ているととても幸せな気分になる

私はまず、最初に布団を打ち直した時のがわを裂き織に使用しました。

お嫁に来た時、作ってくれた主人の母からの贈り物だったため、無駄にすることができず、綿は息子たちの長身用の布団に作り替えました。
孫のTシャツやシーツ、主人のシャツや私の着物も有効に使うことができました。

耳は新しいものではありますが、細くて量がありません。私はよくタピストリーを作ります。

他ピストリーを作るのは楽しく、何より一枚の布に生まれ変わるのでとても嬉しいです。
何も考えずにただひたすらおることができ、その編みあがる模様を見ているととても幸せになります。

織りなす模様の中に友達へのプレゼント、孫の入学や学校への持ち物(お道具入れお弁当袋)等を作った物を端の布から思い出すことができます。

他のだれにもわからなくても自分には思い出すことのできる楽しいものです。

形は変わっても姿を変えて手元に置くことができ、物も粗末にすることがありません。

しかし、それは自分だけの楽しみなので主人や子供、周りの人間に迷惑をかけないよう工夫することも考えています。
自分が病気になったり、死んだ後は自然に還る素材なので上手に処分してもらおうと思っています。

これからは楽しい物も作ってみたい

私は元々パッチワークやクロスステッチもしていましたので、織った物にアレンジして一部分にそれらの物を合体させ、これからは楽しい物も作ってみたいと考えています。

裂き織の本は専門的か、とても簡素なものかのどちらかしかないように思いますので、今後は新しい感覚での本が出てくるといいなあと感じています。

最近は生活が豊かになったせいか、手芸の本等は新しい素材を使って作るという本が多く、道具にもお金がかかる物が多いように感じます。

ミニチュアの手芸の本ももっと沢山欲しいと思っています。私たち地方の人間はインターネットによる方法でしか手に入れることができず、もっと身近に目にすることができるといいなあと思っています。

まとめ

今は裂き織りに夢中になっていますが、ただ平織りするだけでなく工夫を凝らした作品作りができると楽しいだろうなあと思っています。

だからもっともっと勉強したり工夫できる情報収集を続けていきたいと思っています。

私たちの住む地方は本屋さんもなくなりつつあり、習い事をするところも少ないので、手芸だけでなく、勉強するにもチャンスに恵まれません。

それでもパソコン等を上手く操作できるようになればこれからの人生に潤いを持てれるようになるのかなと思っています。