私は40代後半のおじさんなのですが、帽子に本格的に興味を持ち始めたのは、40代に入ってからです。

それは、ファッショングッズとして、一番、カジュアルであり、一番、変身出来るグッズだからです。そして、何より、帽子は年代を選びません。洋服は色彩によっては、もうこの歳だからと、諦めてしまうものもあります。

しかし、帽子は、いい歳のおじさんが、ニット帽を被ると、何かカッコよさを感じると同時にいい歳になってもファッションを忘れないカッコよさがあります。

そんな老若男女を問わないファッションが伝わればと思っています。

帽子は手軽に変化をつけれるファッションアイテム

ファッションには沢山の種類があります。それは世代によっても当然ありますが、まず、視覚の中でカッコいいと言うイメージを持てるのが帽子です。

私は今はニット帽を中心に集めていて、季節や気分で被る帽子を変えていますが、少し前は、普通のおしゃれな野球帽でした。今、街中でも野球帽を被っている人が少ない分、目立ちますし、一つの帽子でツバを前にして被るスタンダードからツバを後ろに被るだけで、更にカジュアルになったりします。

一つの帽子から気分でいろんな被り方が出来るのも、お手軽で安価でありながら、ファッショングッズとして、変化をつけられるのが帽子の魅力です。

私は大きめの帽子をルーズに被るのが大好きなので、年甲斐もなく、被り続けています。

今は大きめのニット帽にはまっている

今は大きめのニット帽が大好きです。それはルーズな雰囲気が大好きだからなのですが、一番の魅力は、どんな人でも、帽子一つで自分で発見できなかったキャラクターを発見出来るからです。

高齢の方がおしゃれに帽子を被っていると、何か渋さを感じますし、ルーズさも感じます。いい歳のおじさんが、ルーズさを意識して見せるグッズこそが、帽子だと思っています。

後、もう一つは、薄毛の方にとっても、かっこいいグッズです。薄毛を隠すという意味ではなく、薄毛だからこそ、頭のおしゃれを意識するのだと思います。だから、私の周りの薄毛の友人は、みんな帽子がおしゃれです。

薄毛の人、太っている人、様々なコンプレックスを持っています。そのコンプレックスをファッションでカバーするのも限界があります。お金も掛かります。

しかし、お金も掛けず、自分のスタイルに合わせて、しかも、カジュアルにカッコ良さに変えてくれるグッズが帽子だと思っています。

帽子を大きく雰囲気を変えることができるのがメリットでもあり、デメリット

帽子にあまりデメリットは見つからないのですが、唯一上げるとすれば、やはり、帽子を被っていた時のビジュアルと帽子を取った時のビジュアルが、あまりに掛け離れていると、その落差に、相手が付いていけないケースがあるかも知れません。

これは眼鏡を掛けている人の事例に似ています。眼鏡をかけている印象と眼鏡をはずした時のギャップにびっくりする人もいます。

元々、イケメンの方が帽子や眼鏡をたまにすると、各段にカッコよく見えて、賢く見えたりします。しかし、自分に自信がなかった人が、見た目からとハードルの高い帽子を被ってしまうと、後で後悔してしまうケースがあるかも知れません。

後はせっかく、かっこいい帽子でも被り方がダサいと全てのファッションがダサいと思われがちな部分もあります。

本当におしゃれな帽子が欲しいなら、帽子専門店での購入をおすすめ

帽子は、勿論、洋服を打っているお店であれば、大概、売っています。ただ、本当におしゃれな帽子を買いたい場合は、やはり帽子専門店です。

基本は自分の手で触って被るのが、洋服同様、帽子だと思います。それは、LやMなどの様なサイズだけではない、フィット感が帽子には大切だからです。

でも、そうはいっても自分の好みのものが売ってなかったりするのが常です。

ただ、フィット感も大切ですが、見た目を重視するのであれば、ネット販売をしているものも良いと思っています。

洋服と違って、ネットでも気軽に購入出来るのが、帽子の良さではないでしょうか。最近のネット販売は、レビューは勿論、頭の大きさやサイズも表記されているので、一昔前よりは、シュミレーションしやすくなっています。

値段も正直、ピンキリです。高価な帽子を探そうと思えば、いくらでもあります。しかし、その逆もありきです。安価で自分好みの帽子もまた沢山あるのです。

若い頃は、洋服屋で自分の手で触り、試着で被り、買うか否かを決めていたのですが、最近はネット購入の方が多かったりします。

それは、一回、購入したネット店で良い品物だったりすると、そこから信頼が生まれ、リピーターとなります。そこは私にとって、ネット販売店と言うより、常連のお店としての位置づけとなって行きます。

ネットでほしい帽子を見つけて、お店に出向いて、似た帽子を購入すると行った逆のやり方を行っている人もいますが、言ってみれば、それだけ、選択肢が多い中から、吟味して選べるのも、帽子の魅力だと思います。

そして、大体はずれはないのも、帽子の特徴です。私は30個の帽子を保持し、ローテーションで被っていますが、正直、飽きません。

今、被らなくても、その歳になっらら、被る帽子も中にはあります。カジュアルに楽しめる、はずれのないファッションアイテムこそが帽子です。

まとめ

帽子は、年齢を選ばないファッションであり、安価で、選択肢の非常に多い、一番カジュアルなファッショングッズであり、ハズレのないファッションです。

また、太っていたり、薄毛であったり、そんな容姿にコンプレックスを持っていても、イメージを変えられるグッズでもあります。つい年齢で諦めてしまいがちなファッション。

でも帽子は違います。年代や好みによって、カジュアルに変える事の出来るファッションでもあります。そういう意味では生涯の唯一のファッションアイテムだと思います。