私は元々お酒飲みではありませんでした。

25過ぎたあたりで少しずつ飲むようになり(ストレス発散で)、その後の一時期ハマっていた芋焼酎ブーム時にプレミアム焼酎を探すために色々な酒販店を周る事が増えたのですが、ある時にいつも焼酎買ってくれてありがとうねと声を掛けられまして、そこで運命が変わります。

今は焼酎だけどこれから必ず日本酒流行るよと言われて試飲を勧められました。

良いイメージが無かったのですが、店主さんを信頼していたので恐る恐るいただくととても美味しいじゃないですか、衝撃でした。

こんなにお酒として複雑なんて知りませんでしたのでカルチャーショックでしたね。

その後日本酒を買う頻度も増えていきまして好きなお酒は日本酒と言えるほどの好物になりました。

今回書かせていただくのは実は若干流行りっぽいですがそんなに知られてない日本酒の魅力、人気銘柄の味、おすすめの醸造法などについてまとめさせて頂こうと思います。

日本酒とは?

日本酒とは、言わずとしれず酒米(日本酒のために作られた品種)を用いて醸されたお酒のことです。

ほぼ日本全土に酒蔵(蔵元)があると言われていまして、風土や環境に水に酒米でも味や特色が変わります。

一般的にはパックの物のイメージがありますが作り方がまるで違いますので注意です。

カテゴライズを大まかにしますと「醸造酒」「純米酒」「純米吟醸」「純米大吟醸」その他にも普通の吟醸や山廃等の分類もあります。

基本飲む機会が多いのは「純米酒」と「純米吟醸」辺りだと思います。

酒米ですと「山田錦」「雄町」「五百万石」辺りが代表的ですね。

現在は各地の地域でオリジナルのものや昔あった品種の復活などで更に種類が増えていますので期待できます。

スーパーなどでも買えますが、酒販店(お酒専門店)で買うのがベターだと思います(保管状況等から)。

日本酒の魅力は味だけではない

日本酒の一番の魅力はその味に留まらず探求欲や好奇心等色々な感情を埋めてくれることです。

味に関しては現在の日本酒業界では様々な蔵元さんがいまして、保守派(昔ながらの安定の美味しいお酒を作る方)、革命派(新しい技法や製法等様々な挑戦をして新しい日本酒を作る方)、共産派(どちらに関しても積極的に取り込む方)等と自分は勝手にカテゴライズしています。

飲みくちがワインのようなものからまるでトロピカルジュースを思わせる濃密な味のものでしたり、スッキリとまるで上質な洋酒のような香り高さの後のスッと消える爽やかさなど只の日本酒でしょ?とは言えないほどに進化していると私は思います。

更に種類もとてつもなく多く、なんせ日本の殆どの場所に蔵元さんがあるわけですので(一部の蔵元さんは地元のみ流通等の制限がある場合もありますので注意です)、飲んでも飲んでも終わらない楽しさがあります。

次は何処のお酒にしようかや同じ蔵元さんでも別のものを飲もうか等様々です。

お店めぐりも楽しいし、ネット通販でも気軽に買える

飲む楽しみに選ぶ楽しみにそして勿論お店も大事です。

今は専門のお店も増えていまして買える種類がとても増えましたのでお店巡りも楽しいです。

ネット通販でも勿論買えますので気軽に楽しめますよ。

初心者の方でも店員さんに聞けば皆さんとても詳しく親切な場合が多いですのである程度の好みを伝えれば選んでくれます。

(甘めが良いやスッキリした等が良いです。一番困る聞かれ方は辛口でと言われる場合らしいです。理由は、辛口だけだと実質どれも該当してしまうためらしいです)

日本酒の人を選ぶ部分

否応なくお酒に弱い体質の方には向きませんし勧めません、最低でもアルコール度数が発泡除いて10度近くはあります。(基本は13~15度程それ以上もあります)

後はやはり始めの自分と同じで苦手意識が先行して敬遠される事が多いです。

飲んでもらうまでが大変ですので友人知人に差し入れする場合も選ぶのにとても苦労します。(絶対満足させる銘柄が季節によっては無いので)

種類も多いので、マイナーな銘柄が美味しくても、よく取り上げられる銘柄ばかりが好まれる傾向があり(売れるので)、勧めてもお店に物が無いことが多いです。

後ですが単純にお値段は少し張ります(とは言いましてもお勧め出来る最安で1,000円くらいの物もありますが)のでリキュール類や一部のお酒には負けますね。

最後は単純にですが場所を取ります。冷蔵が基本ですので冷蔵庫の空きがないと保存できないです。

人気銘柄の味・ 醸造法による味の違いを解説!

味については更に細かく酒米でも大きく変わります。

人気銘柄の味

山田錦 スタンダードな種類 とにもかくにも安定感があります

雄町 力強い味と風味 ですが人によっては合わない場合もあります(種別で随分変わります お勧めは秋に飲めるひやおろしという季節酒です)

五百万石 フルーティー感や酸が冴え渡ります 作り手の技量と好みが良く出ると思います

更に朝日米や吟の夢など沢山の種類があり酒米でも選べる楽しさがあります。

季節酒も楽しめるようになると楽しい!

上記でも書いています季節酒でも大きく楽しみ方が増えます。

春夏秋冬で味も仕上がりもお店のラインナップも大きく変わりますので行くたびに楽しめると言えます。

造り方による味の違い

更に掘り下げますと 醸造法でも勿論味が変わるので好みに合ったものが探せます。

特別純米等は安価かつ飲みやすく万人受けし易いと思います。

人気の 醸造法

純米吟醸 値段はばらつきがありますが私的には一番お勧めです飲みごたえとその蔵元の良さが一番図りやすいと思います

純米大吟醸 お高いですが上品な飲みくちやスペシャリテ的な製法が多く味もさることながら贈り物にもとても良い物です

個人的におすすめな醸造法

ここからは個人的なお勧め 醸造法を2つほど書かせていただきます。

山廃 簡單に言いますと熟成させた物です癖がある場合もありますが蔵元さん次第ではとても香り高い他とは一線を画す仕上がりのものもありますので個人的には好きです

貴醸酒 これも簡單に言いますと日本酒のWコンソメスープです

自分のオンリーワンを見つける

日本酒を作りその日本酒を使いまた仕込んで作る変わったお酒です。

度数は高いですがまるで感じず、濃密なワインを飲むような錯覚に陥ります私的には大好きです。

これだけの種類と産地と蔵元さんがあるので有名なものも良いですし、自分の拘りに乗っ取るのも良いと思います。

ちなみに私はマイナーを攻めてとても美味しい物を見つけるとニマニマしながら飲んでいます。

昔のイメージとは日本酒を楽しもう!

いまや昔のイメージとは程遠い日本酒という文化に触れて飲んで知ることで新しい扉を開けましょう。

更に開けた先に広がる無限の楽しみと自分だけの拘りを見つけてみて下さい。

種類産地、蔵元さん製法等、貴方の気に入る日本酒はきっとありますよ。

ですが美味しいからと飲みすぎるのはいけません、度数は高いですので適量を節度を持って楽しんで下さいね。

上記を実行すれば貴方だけのオンリーワンの日本酒が必ず見つかるはずです。

お読み頂きありがとうございました、この記事がお役に立てれば幸いです。