私は東海圏に生まれ育ったので、野球の話題と言えば、テレビ、ラジオ、ともに中日ドラゴンズ中心でした。

なので、中日ファンになるのは当たり前の環境だったのですが、今現在中日ドラゴンズは成績でも低迷、観客動員でも毎年減少が続くなど、苦境に立たされています。

そこで、私なりの中日ドラゴンズ感で、中日ドラゴンズに興味を持っていただけたらいいなと思って書かせていただきます。

低迷する中日。ぜひ盛り返していただきたいです。

弱くなっても応援したい『中日ドラゴンズ』

中日ドラゴンズ。地味ながらも確実な野球を展開し、常にAクラスを維持していた強さのあるチーム、それが中日ドラゴンズでした。

それが今や弱くなってしまい、CS争いに加われず、Bクラスに低迷する日々、何年か前からは考えられない状況になってしまいました。

地味で弱い中日、そんな状況ではなかなかナゴヤドームに足を運ぶ気にはなれません。名古屋らしいというかなんというか、弱かったころの熱狂的な阪神タイガースファンのようには東海圏のファンはなっていません。

エース不在、守護神不在、四番他チーム流出、書いている今も頭が痛くなりそうです。

それでも中日を応援したいんです。だって中日が好きだから、ナゴヤドームを満員にする中日が見たいんです。

弱い期間が長ければ長いほど、強くなった時は嬉しい

中日ドラゴンズが一番強かったころ。基本的にいつも強いのが中日ドラゴンズでした。

ホームが名古屋球場から広くホームランの出にくいナゴヤドームへ移ったこともあり、足が速く守備がいい選手をそろえ、投手王国と呼ばれた絶対的なピッチャー陣をそろえて守り勝つ野球をしていました。

そしていつも中日は首位争いに加わるとても強いチーム、とにかく地味ながらも強い、それが売りのチームで、落合監督などは勝つことがファンサービスだと言っていたぐらいです。

そのチームが勝てなくなりました。だからこそ、今、応援しがいがあるのです。

ナゴヤドームでは選手に罵声が飛ぶようになりました。苦言を呈する人が増えました。サービス面でも劣っているとされています。

とにかく弱い。だからこそ、次の黄金期が来たときの期待感は凄まじいと思うのです。

広島は弱いチームのイメージのほうが強かったんです。それがあのカープ女子フィーバーを巻き起こしています。

つまり、弱い期間が長ければ長いほど、強くなった時のファンの盛り上がりにつながるのです。

今は弱い。それが現在の中日ドラゴンズ最大の魅力です。

今の段階では、観戦していても弱すぎる

何回も書きますが、地味で弱い。今ファンになるのは苦行のようなものかもしれません。

ぜ見ていてもおもしろくないかもしれません。観戦に行っても楽しくないかもしれません。

あれだけの話題を呼んだ落合監督のオレ流野球など、キャッチーなフレーズも見当たりません。そんな状況で応援しろというほうが無理なのかもしれません。

歴史のあるチームゆえに新規ファンがにわか扱いをされたりもします。野球って少し古い文化が残っているというか、名古屋の気質なのかもしれませんが、なんだか間口が狭い。そんな気もします。

名古屋駅からナゴヤドームまでも遠く、不便という感覚もぬぐえません。テレビ放送もどんどん減っていってしまっています。悲しい。

今は弱い中日。でも絶対にまた強く、面白くなる日が来る!

中日ドラゴンズ最大の魅力は逆説的な言い方になりますが、弱いこと、このひとつの要素が一番強くなっていきます。

正直、選手にとってもファンにとっても、所属しているチームが弱い、応援するチームが弱い、それはコンプレックスやトラウマにまでなると思うのです。

弱かったころの阪神タイガースファンはそれを自虐要素としておもしろおかしく語ることができました。その気質が名古屋にはないと思うのです。

だからこそ、強くないと中日ドラゴンズはダメなのです。

強いことが誇り、地味だろうが勝てるんだからいいじゃないか、そう言えることを中日ファンは今か今かと待っているのです。そのための今現在です。

弱いという現実を受け入れて常敗軍団と言われるぐらいにまで中日には弱くなってほしいのです。そして、強くなる。また一度強くなることが出来た時、名古屋のファンはカープ女子を超えるほどの熱量を帯びるのではないでしょうか?

中日からスター選手が生まれる。中日が強くなる、CSを勝ち抜く、日本シリーズを勝ち抜く。今の中日はそのための伏線にしか過ぎません。

ワンピースでもルフィは一度弱くなりましたよね?ドラゴンボールでも悟空は強い敵と戦いながら、爆発的に強くなりますよね?今の中日は強くなるための伏線です。今は弱くていいんです。

弱いうちはナゴヤドームに行かなくてもいいのかもしれません。そしてそこからの強い中日ドラゴンズ出現、最強の中日ドラゴンズ出現。それを楽しみにしたいのです。

この常敗ドラゴンズのコンプレックスを私たちはしっかりと覚えておきましょう。そして高く飛べる日までの最高の助走にしましょう。弱い中日、しっかり見ていてください。絶対にまたおもしろくなる日が来ますから。

まとめ

中日ドラゴンズ、昔からのファンから見たら、信じられない今の弱さ、最近から知ったファンのから見たら魅力がないチーム、それがドラゴンズかもしれません。だからこそ、しっかりと目に焼き付けておいてください。

広島カープや、ソフトバンクホークスの人気を見ていてください。きっとああいう人気球団に返り咲く日がやってきます。

今は静かにドラゴンズブルーの静かな炎を燃やしておくのがファンにできることだと思うのです。中日にエールを。